書籍紹介 「血糖値スパイク」が万病をつくる!

本体価格:1,430円(税込)

出版社:ビジネス社

発売日:2020/05/23

四六判ソフトカバー:224P

著者:永田 勝太郎

 

1948年千葉県生まれ。

千代田国際クリニック院長。医師・医学博士

WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学 教授を経て

公益財団法人 国際全人医療研究所 代表理事リヒテンシュタイン国際学術大学院大学

ビクトール・フランクル講座 名誉教授

本書の内容(出版社より)

 

日本人にはかくれ低血糖が1700万!
ガン、心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマー、痛み・・・
医者も知らない驚異の事実!
あなたのうつの原因は低血糖にあった!

低血糖を治して、免疫力アップ!
健康を手に入れる!!

●第1章 かくれ低血圧・低血糖の人が急増中
●第2章 食後に眠くなる人には、こんな病気がかくれている
●第3章 あなたの「うつ病」、実は低血糖だった!
●第4章 線維筋痛症の原因は低血糖だった!!
●第5章 心と身体にさまざまな影響を及ぼす低血糖
●第6章 免疫力アップ! 食事を中心に生活習慣を見直そう


【この飽食の時代に「低血糖」が急増中。その危険性を科学的に解説! 】


日本全国に、低血糖の人が1700万人もいます。医師もこの事実を知りません。
「低血糖」だと全身に必要なエネルギーが届かず、「低血圧」にもなります。
血糖値スパイクが起こると「血液ドロドロ」の状態(糖化)になり、ガン、心筋梗塞、脳梗塞の原因をつくります。
さらに、うつ病と誤診されたりします。また、私たちの研究で、線維筋痛症、婦人科系疾患、アルツハイマー病などの患者さんの多くが、実は「低血糖」であることがわかりました。
逆に言えば、「低血糖」を解消すれば、万病を防ぐことができます。
本書を読んで、本来の免疫力や自然治癒力を取り戻しましょう!