商品紹介 ルコス (TM)

血糖値の変動をコントロールし、低血糖・高血糖で引き起こされる悩みを改善!

境界型糖尿病のかた、血糖値スパイクのあるかたにもおすすめです。


希望小売価格 
12,000円(税抜)
1袋180粒入り
【お召し上がり方】
1日3~4粒を目安に、食前または食直後、また就寝前に、水またはぬるま湯でお召し上がりください。

 【特許取得】第2019-206520号

 

手軽に血糖値を正常化させる乳酸菌サプリメント「ルコス」。

乳酸菌LAB4配合で、インスリンの過剰分泌をおさえて低血糖を予防すると同時に、食後の高血糖を抑制する作用も。

低血糖・高血糖双方でお悩みのかたにおすすめです。


名称    乳酸菌LAB4含有加工食品

原材料名  乳酸菌LAB4(殺菌)末、グルコマンナン、ゼラチン、

      結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化

      ケイ素

内容量   39.6g(1粒重量220mg Χ 180粒)

賞味期限  商品に記載あり

保存方法  直射日光・高温多湿を避けて保存してください。


【栄養成分表示3粒(0.66g)あたり】 

                                   エネルギー・・・・・2.5kcal

         たんぱく質・・・・・0.225g

         脂質・・・・・・・・0.008g

         炭水化物・・・・・・0.382g

         食塩相当量・・・・・0.039g


 【主要成分量1粒あたり含有量】

乳酸菌LAB4  ・・・・・100mg

グルコマンナン・・・・  50mg



★以下をクリックいただくと、それぞれの詳細をご案内します。

こんなかたにオススメ

□低血糖・食後高血糖のかた、境界型糖尿病のかた、血糖値スパイクがあると言われたかた

□もしくは下記の症状であてはまるものが2つ以上あるかた

 

身体の痛み

ふるえ・しびれ・

けいれん・こむら返り

 

常に空腹を感じる 

食欲が高ぶる

吐き気・嘔吐

胃もたれ・胸やけ・下痢

 

ふらつきやめまい、立ちくらみ
動悸・脈の異常・胸痛
ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)・
月経前症候群・更年期障害

  

慢性疲労、冷え

異常に汗をかく、

もしくはまったく汗をかかない

 

 考えがまとまらない

物忘れが激しい

食後の眠気

 

イライラする

落ち込みが激しい

自分がどこにいるのか、

わからなくなる

 

悪夢にうなされる 

寝つきがわるい 

睡眠中のパニック発作

眠りが浅い、寝汗が多い


 これらの症状がもし慢性的にある場合は、低血糖(軽症~中等症:30-80mg/dL)の可能性があります。

ルコスを飲み続けることをおすすめします。

なぜルコス?

 主成分である乳酸菌LAB4は、血糖値を正常化させる唯一の乳酸菌!

乳酸菌LAB4は、

血糖値を下げるインスリンと上げるグルカゴン、両方の働きに作用して血糖値をコントロールします。

だから、低血糖・高血糖それぞれのかたにおすすめです。

  さらに、グルコマンナン配合。糖の吸収を穏やかに!

食後の血糖値の上昇を和らげるため、「血糖値スパイク(血糖値の急激な変動)」などを予防します。

気になるQ&A

●商品の特徴について

Q ルコスに含まれている乳酸菌LAB4には、どういう働きがある?

A 血糖値を正常化する働きがあります。

  乳酸菌LAB4は食事と一緒に摂ることで、糖の吸収を穏やかにする作用があるため

    血糖値の上昇(高血糖)を抑えます。また、、血糖値が上がったときに膵臓から分泌される

    インスリンの過剰分泌を抑え、低血糖にもなりにくくなります。

    低血糖・高血糖それぞれでお悩みのかたにおすすめです。

 

Q ほかの乳酸菌の食品やサプリメント類と、ルコスの違いは?

A 数多く存在する乳酸菌の中でも、ルコスに含まれる乳酸菌LAB4だけが血糖値をコントロールできます。

    ほかの乳酸菌には、このような作用はありません。

    血糖値が気になるかたはぜひルコスをお試しください。

 

Q ルコスの特許は、どの作用に対するものなのか?

A ルコスの原料であるLAB4乳酸菌とグルコマンナン化合物が、低血糖を改善する作用があること 

 (さらに、血糖値スパイクを改善させる作用)に対して特許が認められました

 (特許取得】第2019-206520号)。

 

●基本的な飲み方について

Q  いつ飲めばよいのか?

A 朝・昼・夜の食前もしくは食直後と、さらに就寝前の1日4回をおすすめしています。

    食事の前、もしくは食後すぐにルコスを飲むことで、食事による血糖値の上昇を穏やかにします。

    また、就寝前に飲むことで、夜間の低血糖を防ぎます。

 

Q  1日に飲む量は?

A 11粒から飲み始めてください。作用が見られない場合は、2粒ずつに増やしてみましょう。

    それ以上増やしたいときは、医師や薬剤師に必ずご確認ください。

 

Q  何で飲めばいいのか?

A 水やぬるま湯でも構いませんが、胃の粘膜に膜を貼り吸収を穏やかにする

     乳製品(牛乳や乳酸菌飲料など)で飲むこともおすすめです。

    

Q 何歳からが対象なのか?

A 特にきまりはありません。カプセル状のものが飲めるようであれば、何歳からでも問題ありません。

 

Q ルコスの働きを実感できるまで、どのくらいかかる?

A 毎日規則正しく飲み続けると、一般的には2週間以内に実感できるようになります。

 

Q 病院で薬を処方されているが、ルコスも飲んでよいか?

A はい、基本的には問題ございません。もし気になるようでしたら、念のため医師または薬剤師に

    ご相談ください。

 

Q 通常は1回1~2粒飲んでいるが、増やしたり減らしたりしてもいいか?

A はい。疲労感などの体調不良や病気などの症状によって、量を増減していただいても問題ありません。

 

Q 空腹の状態で、ルコスを飲んでもよいか?

A 直後に食事を摂る場合は、空腹時の服用でも問題ありません。

 

Q 血糖値はわからないが、飲んでも大丈夫か?

A 血糖値が正常なかたには、ルコスの持つ「血糖値のコントロール」という作用は

    わかりにくいかもしれません。「食後の眠気」「食後のだるさ」「生あくび」などがあるかたは、

    飲んで症状が改善するか確認してください。

 

●飲んでいて、こんなときは…

Q ルコスのカプセルを飲み込めず、カプセルを空けて中身だけを飲んでいる。

    カプセルは飲まなくても問題ないか?

A はい、問題ありません。

    中身を牛乳や乳酸菌飲料などに溶かして飲んでもかまいません。

 

Q ルコスを飲んでいると、おなかをくだすことがあるがなぜ?

A 乳酸菌が腸に働きかけるため、まれに出る症状です。また、人によっては軟便になることもあります。

    徐々に慣れていきますが、そういう場合は、まず飲む量を減らしてみてください。

    それでも気になるようでしたら、医師または薬剤師にご相談ください。

 

Q    糖尿病患者がルコスを服用するときの注意点、あるいは禁忌はあるのか?

A 血糖値の自己測定(モニター)をしながら服用してください。

 

●もっと知りたい血糖値

Q    自分の血糖値は、どうすれば測れるのか?

A 以下のような方法があります。

   ※これらの検査の実施については、各医療機関にお問い合わせください。

 1、「FreeStyleリブレpro」を使う。

   通信販売などでも購入できますが、病院などで扱っている場合もあります。 

24時間14日間、持続的に測定し、15分単位での血糖値の変動を把握できます。

※詳細はメーカーの案内でご確認ください。

  また、メーカーでは医師の指導の元での使用をおすすめしています。

 

 2、「糖負荷試験(75gOGTT)」を行う。

     主に病院で受ける検査(約3時間所要)になります。血糖値とインスリンの変動を調べます。

 食事を摂らずに来院して、甘いサイダーのような液体(75 gの糖が入っている)を飲んだあと、

 血糖値とインスリンを30分おきに3時間にわたって測定します。

 

Q 最近よく耳にする「血糖値スパイク」とは?

A 飲食後、短時間で高血糖から低血糖に移行し、その差が60mg/dl以上の場合を

      血糖値スパイク(血糖値の乱高下)と言います。

     血糖値スパイクが起きると、めまいや疲労、痛みなどさまざまな症状が現れます。

     血糖値スパイクが起きているかどうかは、FreeStyle リブレproや糖負荷試験などで、

     血糖値を包括的に検査しないと正確にはわかりません。

 

Q 血糖値スパイクはなぜ危険なのか?

A   血糖値の上がり・下がり幅が大きいと、生体に「糖化」という現象が起きてきます。

    糖化とは、体内の余分な糖分がたんぱく質と結びつき、

    AGEs(糖化最終生成物)という老化物質を生成する一種の老化現象で、

    たんぱく質の「焦げ」のような状態を言います。 

    糖化することで赤血球が体内に酸素を運ぶ力が弱まり、結果的に身体全体の不調を招き、糖尿病、

    動脈硬化、ガン、心筋梗塞、脳梗塞、骨粗鬆症、アルツハイマー病などを発症すると言われています。

 

Q 血糖値を正常化させるために、ルコスを飲む以外にどうすればいいのか?

A  まずは食事を規則正しく摂り、生活習慣を見直していくことが第一です。

    それによって、血液循環を正常化させインスリンの正常な分泌を促し、

    血糖値や血圧を安定させられます。

    ●食事のコツ:規則的かつこまめに、16回食(朝・昼・夜+2回の間食+夜食)

    ●食べ方のコツ:野菜→たんぱく質→炭水化物の順で。糖の吸収を緩やかにできます。

      ドカ食い、早飯食いは禁物です。

    ●栄養の摂り方のコツ:糖質は少なめに、1日130g程度に。

      また、納豆やみそ汁など発酵食品を摂って、腸内環境を整える。

      GI値の低い食品を中心とした食事を摂ることで、糖の吸収が緩やかになり、

      血糖値の上昇も緩やかになります。